中国王朝の至宝展!

.19 2013 特記 comment(11) trackback(0)
 
 ☆3000年
にわたる美の興亡!
    英雄たちが遺した歴代王朝の至宝。

 初期王朝から宋時代まで、約3000年間に及ぶ歴史を一望!

 この度「九州国立博物館」に於いて、「中国王朝の至宝」
 が開催され出かけてまいりました。

九州国立博物館&太宰府天満宮
         九州国立博物館&太宰府天満宮

博物館入口
               博物館入口 

エスカレーター
           エスカレーターで博物館へ

九州国立博物館
              九州国立博物館

       招待券
 
  中国国宝展
 
 
 いよいよ入館!国宝の文物は168 点が展示されていました。
  まさに息を凝らし溜息を~目を見張る宝物ばかりでした。 

6-1 阿育王塔
               阿育王塔

 近世胎動時代の至宝で、日本初公開だそうです。
 金が眩しく輝いていました!
 

 中国は、黄河や長江などの大河を始め起伏に富んだ大地に
 抱かれ、古来各地に特色ある文化圏が形成されてきました。
 
 それぞれの時代、地域に栄えた王都の国宝が一同に紹介さ
 れたまさに「中国王朝の至宝」展でしたね。

 同展は第一章「王朝の曙」から第六章の「近世の始動」まで、
 168 点の国宝を始め国家一級の文物が展示されていました。

 まさに圧巻!展示作品の撮影・手に触れないこと等々厳禁で
 物々しい警護・警備が為されていましたね。
 
 第一章より第六章まで主だったものを掲載しました。
 掲載作品はパンフレット及びネットより借用の旨ご了承下さい。

 第一章 王朝の曙の時代

  1-1 爵  
                      爵  青銅


 第二章 群雄の輝きの時代

2-1 儀尊
                 儀 尊

        2-2 羽人 

                  羽 人
                 

 第三章 兵馬傭 ・ ぎしゃよう

 第三章 ぎしゃよう



 第四章 南北の拮抗の時代(北朝と南朝)
      4-1 仙人仏像文盤口壺
              仙人仏像文盤口壺


 第五章 世界帝国の出現

       5-1 花鳥文鏡

                  花鳥文鏡


 
第六章 近世の胎動へ
            6-2 千仏せん 
                                       
千仏せん 

          阿育王塔 
                         日本初公開の 「 阿育王塔」


宝物の数々

 夫々の時代の中国王朝の国宝168点の中から抜粋しました。
 解説には、後日改めて整理まとめたいと思っています。

 今年は、日中国交正常化 40周年を迎えましたが政治主導の
 相違でしょうか国交問題等々に緊迫化の懸念が浮上していま

   すことは誠に残念の極みですね。

  

     ご笑覧いただき有難う御座いました。
                          バシャ! 

 
 
スポンサーサイト

hidemomo
昨年10月に、同じ「中国王朝の至宝」展を、東京国立博物館 平成館で、開催されましたので、観てきました。
168点の展示物に時を忘れて見入っておりました。
2013.09.19 17:57
蓮の花
こんにちは~
「中国王朝の至宝展」は素晴らしい展示会であったと
思います。
ここの九州国立博物館の中では写真を撮る事が出来た
のでしょうか?
何処の展示会場でも撮影は禁止されているはずですが!
2013.09.19 18:19
☆まっくんの館
◆hdemomoさん、こんばんは。
 まさに時を忘れて見入りましたね。168点の展示物は本当に
 観応えがありましたね。(^o^)/

2013.09.19 19:12
☆まっくんの館
◇蓮の花さん、こんばんは。
 は~い、3000年にわたる王朝の至宝展は時の経つのも
 忘れて見入っていましたね、観応えが有りました。
 展示の文物に触れること厳禁・撮影も勿論厳禁でした。
 記事中の写真は、パンフレット及び ネットより借用し
 たものです。とても心洗われる楽しい一時でした。
 帰りには名物の「梅ヶ枝餅」を買って帰りました。(^o^)/
 
2013.09.19 19:26
つばきだろ
中国か朝鮮かわかりませんが、そのあたりの昔の物語が好きです。
展示会で当時を偲ぶのも良いですね。
2013.09.19 19:52
yuusuke
それぞれの作品素晴らしいですね。
大きさはどれ位なんでしょうか?
中国は貧富の差が激しいので自分さえ
よけりゃ良いと言う人達が多いのでは?
2013.09.19 21:10
☆まっくんの館
◆つばきだろさん、こんばんは。
 3000年にわたる歴代王朝の至宝、展示作品のその六割が 
 中国の国宝文物でしたね。168点 に及ぶ作品の説明には
時の経つのを忘れて見入り聞き入っていました~!
 いやぁ~凄いの一言でしたね。(^o^)/
2013.09.19 21:19
☆まっくんの館
◆yuusukeさん、こんばんは。
 日本初公開の「阿育王塔」は高さ90cm、横幅70㎝ほど
 でしょぷか。叉「儀尊」は中犬ほどの大きさでしたね。
 夫々の国宝の大きさは、大小様々でした。
 歴代王朝の遺した英雄伝美伝でしたね。
 今夜は綺麗な満月が見られますが其方は如何でしょう!(^o^)/
 
2013.09.19 21:42
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.09.20 00:06
☆まっくんの館
◇鍵コメントさん、こんばんは~!
 日中は汗ばむ残暑が続いていますが朝夕は台風一過で
 とても涼しく凌ぎやすくなりましたね。
 きょうは中秋の名月で満月でしたね~! 綺麗な満月に
 月見団子を頬張りながら見入っていました~。
 夕方からは外に出たり入ったりで多忙しでした~!(笑)
 先日は「九州国立博物館」にお出掛けだったのですね。
 本当に観応えがあり 3000年の歴代王朝の遺した数々の
 至宝に仰天の極みでした。
 入管時、生憎団体の高校生達と一緒になり大変でした~!
 矢張り展示会や展覧会等の鑑賞は朝一に限りますね。
 気候の変わり目を迎えました、お体に気をつけて下さいね。
 有難う御座いました。 (^o^)/
2013.09.20 00:52
田舎者
こんにちは、

中国王朝の至宝博物館色々の写真見せて頂き有り難うございます、管内の写真良く撮れましたね、有り難うございます。
2013.09.20 15:08

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://mackn.blog.fc2.com/tb.php/507-b46c31fe