紅葉”大宰府天満宮”近郊の秋色!(了)

.11 2013 名勝・旧跡 comment(32) trackback(0)

  ☆ ”徳川家の至宝” 展! 

  大宰府天満宮の ”菊花展 後に、境内の紅葉黄葉を愛でながら
 「九州国立博物館」へと向かいます。

 
菊花

 
  紅葉

トンネル入り口

トンネル歩く歩道 トンネル歩く歩道                                 
         虹色に輝く動く歩道のトンネル!


九州国立博物館
                  九州国立博物館

 九州国立博物館では、「徳川家の至宝が開催されていました。  
 日本最古の絵巻等々国宝や重要文化財の逸品に眼を見張るばかりでした。
 お蔭様で目の保養を楽しんでまいりました。


徳川至宝展
                   徳川家至宝展!  

 尾張徳川家は、徳川家康の九男・義直を初代とする御三家筆頭の名門
   大名で、名古屋城を居城として、江戸時代を通じて徳川将軍家に次ぐ
   家格を誇っていました。

 大名家は家の歴史・格式を示すために数々の道具を備え、それは大別
 して表道具と奥道具とに分けられていたようです。
 本展では、大名家の歴史と格式を示す230点余りが紹介されていました。 

    家紋
                    家 紋!                             

                  
              徳川家康
                  徳川家康!          

     徳川

絵巻
            源氏物語絵巻「竹河」 

   能装束
            紅・水色段秋草文唐織

源氏物語絵巻
            源氏物語絵巻「横笛」     
            初音蒔絵鏡台他調度品 
                 国宝・初音の調度!  

 徳川三代将軍家光の長女千代姫が、尾張徳川家二代光友に嫁いだ際に
 持参した婚礼調度です。

蒔絵樋

     甲ちょう及び具足
            徳川家康所用の具足!

    花生 
                  古銅砧形花生
    
     豊臣秀吉・徳川家康 遺愛の花生で国の重要文化財です。  

   御三家筆頭の大名が誇る豪華絢爛、美と格式を誇る逸品の数々~、
  今回の「徳川家の至宝 には国宝級の逸品約230点が展示紹介さ
  れていました。

  一度にはご紹介し切れず、後日改めて機会を見出したいと思います。

概略図
         大宰府天満宮・九州国立博物館の略図!

  「九州国立博物館」を後に「天満宮」の境内へ、そして参道を行き
  交う多くの参拝客を縫うように下山帰路の人となりました。 
  

道真公の歌碑  
                                                                 有名な 歌 碑!

 東風吹かば 匂いおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」と詠んだ、
  道真公の和歌です。

参道の人出
                                                         参道を行き交う参拝客!

  平日にも拘らず物凄い人出でしたね。

梅ヶ枝餅店
           梅ヶ枝餅を求める長蛇の列!

 
 大宰府天満宮の名物と言えば、道真公所縁の「梅ヶ枝餅」です、
  まっくんもほっかほっかを求めました。    

   
          
         ご笑覧誠に有難うございました。
                       バシャ!



スポンサーサイト

Golfun
今日は
徳川家の至宝、見事なものばかりですね。
見応えがあったでしょう。
絵画や調度品も素晴らしいですね。
婚礼調度品などお目にかかれない品々を一度は見たいですね。
2013.12.09 15:37
hidemomo
徳川家の至宝展、観てみたいですね!
これからも、アップ、期待しております。
2013.12.11 07:55
Imaipo 
おはようございます
徳川展、上野の国立博物館で開催され
私も見ました、蒔絵など素晴らしいものが
多く見られました、大宰府天満宮凄い人出ですね
平日ですね、休日はもっとすごいのでしょうね(笑)
2013.12.11 08:31
ヒューマン
こんにちは
徳川家の権勢の大きさがわかりますね
参道、大勢の人が 
2013.12.11 11:34
三面相
何所もここも懐かしい風景ばかりです。
梅ヶ枝餅の味も思い出します。
2013.12.11 12:30
蓮の花
こんにちは~
九州国立博物館へも足を延ばされたようですね。
私も「徳川家至宝展」は見に行きたかったのですが
歩く歩道が苦手で行きませんでした。
博物館内は撮影禁止となっていますのでブログに
出されている写真はポスターからですか?
2013.12.11 14:25
田舎者
こんにちは、

大宰府天満宮沢山の参拝客ですね、
未だ菊華展有るのですね、色々の写真見せて頂き有り難うございます。
2013.12.11 14:51
まっくんの館
◆Golfunさん、こんばんは。
 日本美術の最高傑作の特別公開で、国宝の絵巻や初音の調度の数々、
 太刀等々重要文化財も含め約230件の名品に酔いしれましたね。
 もう一度じっくり見たい~「徳川美術館」や「徳川園」にも行って
 見たいですね。(^o^)/
 
2013.12.11 19:42
まっくんの館
◆hidemomoさん、こんばんは。
 今日は一番にご訪問しなければと思いながら、野望用で出掛け
 ていました。今日はおめでとうございます。後ほど又です。
 徳川の至宝、見応えのある素晴らしい名品でしたね。
 何度でも観て見たいです。(^o^)/
2013.12.11 19:51
yuusuke
虹色に輝く動く歩道のトンネル楽しそうですね。
徳川家康の画像、源氏物語絵巻、紅・水色段秋草文唐織
素晴らしいです。
徳川家の至宝230点も展示されていて凄いですね。
2013.12.11 20:00
まっくんの館
◆imaipoさん、こんばんは。
 其方でご覧になられたようですね。ため息の出る名品ばかり、
 見応えのある素晴らしい「徳川至宝」展でしたね。
 平日でしたが、大宰府天満宮や国立九州博物物館へ行き交う
 人々で賑わっていましたね。土・日はもっと凄いですね。(^o^)/
2013.12.11 20:01
まっくんの館
◆ヒューマンさん、こんばんは。
 いや~息をのむ素晴らしい「徳川家の至宝」展でしたね。
 名古屋の「徳川美術館」にも行って見たいですね。(^o^)/
 
2013.12.11 20:08
まっくんの館
◆三面相さん、こんばんは。
 懐かしい所ばかりですね~!(笑)
 桜花爛漫の頃も素敵ですよ、是非お出かけ下さい。(^o^)/
2013.12.11 20:14
まっくんの館
◇蓮の花さん、こんばんは。
 は~い、会場は撮影禁止ですね。
 パンフレットやポスター、出版図書を参考にさせて戴きました。
 国宝や重要文化財の名品に息を凝らして魅入って来ました。
 有難うございました。(^o^)/
2013.12.11 20:26
まっくんの館
◆田舎者さん、こんばんは。
 大宰府天満宮近郊は紅葉・黄葉の真っ盛りでしたね。
 大勢の善男善女の皆さんで賑わっていました。
 徳川家の至宝展は当に豪華絢爛、美と格式を誇る国宝の
 名品が展示され、時を忘れて魅入ってましたね。(^o^)/
2013.12.11 20:34
まっくんの館
◆yuusukeさん、こんばんは。
 九州国立博物館は「大宰府天満宮傍」からエスカレーターや動く歩道が
 アクセスになっていますね。
 「徳川家の至宝」展はとても見応えのある、国宝及び重要文化財の名品
 で時の経つのも忘れて魅入っていまいた。(笑)
2013.12.11 20:52
まっくんの館
◇宇美さん、こんばんは。 
 素晴らしい「クリスマスプレゼント」がお手元に届けられ
 本当に素晴らしいことですね。おめでとうございます。
 人世に思ひを馳せた感動ある活き方を心しなければと思わ
 せて戴きますね~! 有難うございました。(^o^)/
2013.12.11 21:14
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.12.12 09:05
Saas-Feeの風
名古屋に“徳川美術館”があります。
徳川家康の遺品をメインにして尾張徳川家代々の遺品が展示されていますが
その美術館の展示物が九州国立博物館で公開されたということなのでしょうかねえ。

徳川美術館では、ひと月ごとにテーマを決めて、それに沿って展示され
また普段は見ることのできないものを特別公開することもあります。
そばに尾張徳川家の邸宅跡の“徳川園”があります。
名古屋に来られた折にどうぞお立ち寄りになってください。
2013.12.12 09:12
まっくんの館
◆S-Fの風さん、こんにちは。
 徳川美術館が誇る徳川家の至宝、日本最古と云われる国宝
 「源氏物語絵巻」や「初音の調度」をはじめ名品が紹介さ
 れていました。
 何れも「徳川美術館」所蔵の名品で普段は目にすることの
 できない道具類、武具類、絵巻、楽器類等々 約230件 が
此処九州国立博物館で一般公開されました。
 歴史好きの多くの皆さんで賑わっていましたね。
 徳川美術館・徳川園にも出向きたいですね。(^o^)/
2013.12.12 12:07
エゾモモンガ
こんにちは ♪
徳川家の至宝は
日本の宝ですね~~~♪

イヤァ~ 素晴らしいです('O')
2013.12.12 15:37
つばきだろ
徳川家のお宝は素晴しいでしょうね。
300年間の庶民の力でしょう。
2013.12.12 17:04
熊取のおっちゃん
こんばんは
徳川家の至宝 国宝級のものばかりでしょうね
良い目の保養になりましたね 
2013.12.12 17:15
まっくんの館
◆エゾモモンガさん、こんばんは。
 は~い、まさに”日本の宝”ですね。
 一般には目にすることのない宝物を見ることが出来ました。
 名古屋の「徳川美術館」「徳川園」にも行って見たいですね。(^o^)/
2013.12.12 20:48
まっくんの館
◆つばきだろさん、こんばんは。
 見事なお宝でしたね~は~い300年の至宝ですね。
 目の保養をさせて戴きました。(^o^)/
2013.12.12 20:57
まっくんの館
◆熊取さん、こんばんは。
 見応えのある国宝級ばかりの「徳川家の至宝」でしたね。
 名古屋の徳川美術館や徳川園にも行って見たいですね。(^o^)/
2013.12.12 21:04
takeomon
至宝展は流石ですね一つ一つが品格がありあわせて当時の最高の技術を尽くした作品ばかりですね
このような催しは何度見ても味わいのあることでしょう
2013.12.12 21:59
purotoko
今晩は
九州国立博物館で日本最古の絵巻、このブログで見せていただき有難うございました。
こんなに鮮明に見れて嬉しいです。
やっぱし関心のあるのは「源氏物語」です。
古写本は題名の記されていないものも多く、記されている場合であっても内容はさまざまである。『源氏物語』の場合は冊子の標題として「源氏物語」ないしそれに相当する物語全体の標題が記されている場合よりも、それぞれの帖名が記されていることが少なくない。こうした経緯から、現在において一般に『源氏物語』と呼ばれているこの物語が書かれた当時の題名が何であったのかは明らかではないとか。
源氏物語絵巻「竹河」を見たときとんな感じを抱きましたか?
私は九州は高千穂渓谷に旅行行きましたが、九州国立博物館は行っていませんので
非常にこの記事には感動しました。
2013.12.12 22:07
まっくんの館
◆takeomonさん、こんばんは。
 徳川家の贅を尽くしたお宝ですね、日本最古の絵巻きといわれる
 「源氏物語絵巻」や、燦然と輝く「初音の調度」等々約230件の
 名品に魅入っていました。 
 とても味わい深く見応えがありましたね。(^o^)/
2013.12.12 23:12
まっくんの館
◆purotokoさん、こんばんは。
 徳川家300年の歴史を誇る、まさに至宝展でしたね。
 230件余りの名品が展示公開されていました。
 国宝「源氏物語絵巻」竹河は、今から千年ほど前平安時代に
 紫式部によって書かれた恋愛小説として知られていますよね。
 絵巻の場面は待女たちが囲碁を楽しみ咲き誇る桜花を楽しん
 でいる場面のようですね。
 当方もこの程度しか存じませんが、「徳川美術館」「徳川園」
 (共に名古屋市)
 に出掛けて見たいと思いますね。歴史の真髄が楽しめるかも! 
有難うございました。(^o^)/
2013.12.12 23:49
いかちゃん
おはようございます
当時の技術って、今更ながら感服しますね。。。今時の道具などが全くない時代に。。。人間の才能に改めて驚きます。

昨日は今年一番の冷え込み予報、その通りでしたね・・・いかちゃんは山歩き、雪でした。
寒かったぁ~~、
2013.12.13 06:49
まっくんの館
◆いかちやん、おはようございます。
 いや~まさに豪華絢爛、国宝・美術工芸品~重要文化財等々
 名品の数々でしたね。目の保養をさせて貰いました。
 昨日は青空が見えていたかと思えば曇天に、みぞれの降る寒
 さでした。(^o^)/
 
 
 
 
2013.12.13 08:58

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://mackn.blog.fc2.com/tb.php/536-35d5044e